2007年09月04日

仕事の流儀。

こんにちは。
こんばんは。
イチロー選手、7年連続の年間200本安打おめでとうございます!


お客様が『1』要求されたことに、
『1』でそのまま応えることでは建築家ではないと思います。

お客様が『1』要求されたことに対して、
『1+α』で応えることが建築家の仕事だと考えています。

ただ、それも余計なお節介になってしまわぬように気をつけないといけません。
何かを「足す」という行為は、やはり「お金」が付きまとうものですから・・・。
しかし、「お金」を越えた「何か」を、その条件の範囲で賢く提供していくのが建築家だとも思えます。

こんな感じで、建築家としての仕事というものを日々考えています。
答えが出たと思ったら、暫くしたら「いや、違うだろう」と思い直したり堂々巡りです。

多分、一生勉強です。

DSC00169.JPG
以前、勤めていた会社でつくった模型が出てきました。
自分の中で考え方にも流行があるなぁと考えされます。


posted by hara takuya at 10:28| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ガル・Space Design | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。