2006年12月21日

カメラ・カメラ・カメラ。

こんにちは。
こんばんは。
鍋の美味しい季節ですね。
今夜の夕食は家庭画報に載っていたレシピでつくった『はりはり鍋』でした。
本来は鯨肉と水菜でつくるらしいのですが、鯨の代わりに鰤でも大変美味しかったです。
鰤といえば鰤大根も非常に美味しいですよね。
冬は美味しいものがたくさんあって困ってしまいます。

ここ数日、デジカメを探しているのですが、これがなかなか気に入るものが見つかりません。
各メーカーの現行のラインナップから廃番商品まで、とりあえず全てに目を通しました。
それにしても「これだ!」というデザインのものが少ないのが、いい加減泣けてきます。
アナログカメラの頃は手に持つだけで喜びが湧いてくるデザインがあったのに、
今は単に機能のみの、ひとつの『ツール』としての存在でしかなくなったように感じます。

こんな時代のせいかマイナーチェンジ、マイナーチェンジの大量生産で、
名機と呼べるだけ成熟させられたものが少ないように感じます。
それにしても、なぜデジカメの色は『シルバー』が多いのでしょうか?
僕は基本的にカメラには『黒』が入っていて欲しいのですが、ちょっと少ないです。
できれば、その『黒』部分は革(レザー)であってくれれば申し分ないのですが。。。

でも、デジカメって本当に便利なのは確かです。
どれだけ、仕事においても、プライベートにおいても助けられていることでしょう。
それだけに、本当に気に入ったものを所有したいのが皆さん共通の想いではないでしょうか?
デジタルという響きには、どうしても商業的な香りが漂っているように感じます。
それだけに、これからはデジタルの中にアナログ的な職人気質を垣間見せられる商品こそが、
消費者に愛され、生き残れる時代になっていくのではと、僕は勝手に思っています。

さて、結局どのデジカメを買うべきか。。。
今夜も眠れません。

gx8-13.jpg
僕の愛機のリコー『Caplio GX8』です。
本当に良いデジカメだと思っています。
何度、仕事の面で助けられてきたことでしょう!
posted by hara takuya at 23:59| ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 原拓也の考える美 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おひさしぶりです。
デジカメって、僕も長年仕事プライベートともに、お世話になって、便利ですよね。
反面、とった写真をふりかえって観ることが少なくなりました。現像しないせいもありますが、フィルムカメラって枚数が限られたので、厳選して撮ってたせいでしょうかねぇ。
みなさんはどうなんだろう。
Posted by さとさと at 2006年12月22日 22:49
こんばんは、
tomoken@jr です。
いいですか? GX8!
今、R3使ってるけど
ホンとはGX8ほしかったんですよ。
ワイコンもお使いですか?
又、是非是非、さわらせて頂きたいものデス(揉み手)

Posted by tomoken jr at 2006年12月23日 00:35
>さとさとさん
こちらこそおひさしぶりです!
確かにさとさとさんの言うように、ふりかえって見ることは少なくなったように思います。
たくさん撮って、保存しておくことで、どこか満足してしまうところがありますね。
昔はちゃんと撮れたかヒヤヒヤしていましたしね。
その点で一枚一枚の価値が薄れてしまっている感じもします。

>tomoken jrさん
こんばんは!
tomoken jrさんもブログ読んでくださっていたのですね!
びっくり!ありがとうございます!
しかもリコー仲間だったのですね。
GX8は良いですよ!
なんの不満もありません。
ワイコンも使っています。
今度、どこかでお会いするときはどうぞ触ってくださいね!
Posted by 原拓也 at 2006年12月23日 03:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。