2007年03月28日

道程。

こんにちは。
こんばんは。
春がどんどん押し寄せてきます。
なのに、所長は風邪をひきました。
隣でハックション言っています。
あらま。

大阪から帰ってきて、以前にもまして目指すべき建築を考えています。

誰かの真似をすることなく、
しかし奇はてらわず、
大胆かつ繊細に、
驚きと安心感を潜ませ、
表面だけの見せかけではなく、
頭のてっぺんから、足の先まで精神が行き届いた、
時代を越え、色褪せることのない、
むしろ時代とともに深みを増し、
血の通った人間の温もりを持った、
そんな建築。

それこそが僕の想う『本物』の建築ではないかと考えます。
大阪で観てきた、竹原義二氏、安藤忠雄氏、坂本昭氏の建築は、
作風こそ違いますが、全てが本物の空気を纏っていました。

わかる人は、わかっている。
わからない人は、わかっていない。
わかる人は、どんどんわかっていく。
わからない人は、いつまでもわからない。

前から感じていましたが、やっぱりそう思います。
どこで、気付くかが鍵を握っていると思います。
世の中にはヒントが転がっていたり、漂っていたりするハズなんです。
それを掴み取れるかは自分次第なんです。

優れた作家や研究者、あるいは競技者ほど『自然』が一番のヒントだと言っています。
神山ほど自然が溢れた場所もないんですが、まだまだ掴みきれていません。
修行が足りません。

個人的には自分で自分をパクると言ったキダ・タローの言葉は結構好きです。
オリジナルは歩いてきた、自分自身の人生の中にこそ潜んでいるのかもしれません。

さぁ、かんばろっ。

風邪ニモ負ケズ。

R0013836.JPG
アンテナのリズムが面白い。
僕もアンテナを立てよう、広げよう。
受信そして、発信。
posted by hara takuya at 23:54| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 原拓也の考える美 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。